プロジェクト規約

まえがき

この文章は、プロジェクトの会議における規約として記述されているものである。
オープンソースプロジェクトは自由に行うことが理想だが、会議を円滑にすすめるためにこの規約が必要である。

会議

議決権

議決権は現在プロジェクトに参加している全てのメンバーに平等に1票ずつ与えられる。
なお、ライセンスの変更を生ずる議論に関しては議決権に加えて下記の拒否権が与えられる。
また、この拒否権は現在プロジェクトに参加している全てのメンバーに対してのみ与えられるものではなく、変更の元となるライセンス時のプロジェクトに何らかの形で作業の貢献をした全ての人物に対しても拒否権が与えられる。
これはライセンスに合意のもとプロジェクトに参加した人物の権利を保護するためのものである。

拒否権

議決時に、特殊な内容(今のところライセンスのみ)に関しては拒否権が与えられることがある。
拒否権が与えられた人物は、その議題に対して拒否権を用いることが出来る。
これが1票でも存在する場合は、その議案は可決できない。

委任

プロジェクトの会議に参加不可能な場合は、参加可能なメンバーに委任することができる。
委任する場合は委任の申告ページに誰に議決権を委任するか記述する必要がある。
委任をした場合は、取り消さない限りその会議での議決権を持たない。

議決

プロジェクトにおいて何らかの決定を必要とする際は会議で決定する。この際の議決に必要な票数はその会議での議決権の半数以上である。

Last edited Sep 4, 2013 at 10:41 AM by wasiyosi, version 3

Comments

No comments yet.